ホンダフィット~購入層の半数以上がハイブリッド


日本のコンパクトカーの最右翼ホンダフィットが2013年9月の公式発表をもって新型へのフルモデルチェンジされました。
今回のフルモデルチェンジのトピックは、アースドリームステクノロジーの導入、日本のハイブリッド車において最高レベルの燃費を実現したハイブリッドモデル等、いくつかありますが、分かりやすくかつセンセーショナルという意味では、デザインの大幅変更でしょう。切れ長のヘッドランプと一体化されたフロントグリルや両側に開けられたエアダクト、派手なリアコンビランプの処理などで押しの強さとダイナミックさが強調されており、先代からはドラスティックに変化しています。それでもディメンションを先代とほぼ変わらずに納めたのは良識とは言えますが、先代や初代の当たり障りのない、いわばノッペリ感がホンダフィットのキャラクターだっただけに反響が気になるところです。とはいえ初期受注はホンダの予想以上という声も聞かれますから心配はないでしょう。
デザインの次に来る重要なトピックはやはりハイブリッドモデルでしょう。新型のハブリッドモデルでは、SPORT HYBRID i-DCDを採用し、日本のハイブリッド車中最高レベルとなる36.4㎞/L(JC08モード)を実現させています。何でも現在フィットの購入ユーザーの7割がハイブリッドを選択しているということです。今回の新型でも、純エンジン1.5Lモデルが158万円、ハイブリッドモデル(1.5Lエンジンのみ)が163万5000円ということですからさもありなんという気がします。

新車購入体験ブログ