ホンダフィットの自動ブレーキについて


ホンダフィットの自動ブレーキについてですが、ホンダはフィットからあんしんパッケージの導入を順次拡大していく方向性となっております。
そしてこの自動ブレーキですが正確にはシティブレーキアクティブシステムと呼ばれ、バックミラー付近に設置されたセンサーによって徐行時に不注意で前方の車両に突っ込んでしまう、いわゆる【ドライバーの前方不注意による衝突】を未然に防いでくれる自動ブレーキとなっております。
ただし、この自動ブレーキでは必ずしも衝突を回避するものではなく、万が一衝突してしまった場合でもそのダメージを最小限に軽減するシステムとして、上記センサーとの連動で働くシステムとなっております。
また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制するシステムとしての機能も有しており、自動ブレーキと同じ認識で対応可能となっているのが、ホンダフィットの大きな特徴となっております。
なお、上記体制としての低速域衝突軽減ブレーキについてはは、30kmまでの徐行時に働くシステムとしており、前方車両に衝突するとシステムが判断した場合に作動して自車両の衝突回避や衝突被害の軽減を図ることになります。
もうひとつの誤発進抑制機能については、基本停車時に車両・その他の障害物があるのにアクセルベダルを踏み込んだ場合に、パワーシステムを抑制して急発進を防止する機能となりますが、天候によってはそのシステム信頼性がダウンすることになります。

新車購入体験ブログ